月別アーカイブ: 2016年6月

備前焼工房王子のたより

真言宗18本山まいり

おまいりを初めて 奈良.和歌山が前回でおわり。今回から京都 今回は 山科周辺3か寺のおまいりです 随心院.勧修寺門跡.醍醐寺.
自宅を朝方6時 出発芦屋の知人宅を訪ねお茶を頂き30分くらいの雑談で失礼を
先年 住まいを移され招かれての訪問。
南 京都インターチエンジからは 時間が掛かりそうなので 東京都インターチエンジから かなりスムーズに「随心院」到着。駐車場無料 線香を駐車代替わりに購入し徒歩で3箇所のおまいりです。勧修寺門跡では(さざれ石)にであうことができ。
普段の運動不足を感じながらおまいりを済ませて.
少し遅い昼食を終えるとそれでも13時半。

残りの寺さんを検討.

結果 大修理をされた「平等院」に。(本堂内拝観は別料金 入場時間指定50人の限定入場15分間説明付き)一時間待ちの間に「鳳翔館」館内見学。
本館内部の像などが間近で見られました。
外観は修復をされて綺麗ですが.未だ内部の修復は進行中で足場があったりでしたが.極楽浄土を想像再現されただけに おごそかで華やかでありました。

日曜日の為時間帯もあり帰りは随分渋滞.ですが何時もの携帯ナビで混雑を回避結構スムーズに帰路に着けました。途中で夕食20時30分無事帰宅無事が一番
ストレスの無いおまいりでありまた。

 

随心院
随心院
随心院
随心院
随心院
随心院
随心院
随心院
随心院
随心院
随心院
随心院
勧修院
勧修院
勧修院
勧修院
勧修院
勧修院
勧修院
勧修院
勧修院
勧修院
勧修院
勧修院
勧修院
勧修院
勧修院
勧修院
勧修院
勧修院
醍醐寺
醍醐寺
醍醐寺
醍醐寺
醍醐寺
醍醐寺
醍醐寺
醍醐寺
醍醐寺
醍醐寺
醍醐寺
醍醐寺
醍醐寺
醍醐寺
醍醐寺
醍醐寺
平等院
平等院
平等院
平等院
平等院
平等院
さざれ石 (勧修寺)
さざれ石(勧修寺)

備前焼工房王子のたより

工房の花たち

窯焚き中に痛めた右手の親指の爪が まだ完治しないで後を引いています。

周りの花たちは どんどん入れ替わりを見せて。
雨が多い為か 夏椿が元気を盛り返し たくさんの花芽をつけ少しずつ開いて居りフイジョアは随分おごり 大変な状態 雨の重さで倒れてしまい軸は横に 花は上にむいて煙管状態で開花。

ねじればな 翁草に覆われて居ましたが 先日翁草の葉を整理したので このところの雨で 元気になったのでしょう花の姿を見せて居ます。

クローバー 四つ葉が珍しく 探して行く内5葉6葉まで見つけてしまいました。どうなんですかね 複雑な気分です。

招き猫 みい リラックス中です。

きのう 6月16日までに済ませる事が今頃の田植えだそうで.田植えが終わるのを見計らって赤磐市是里の友人を訪ね  少し遅い梅の収穫 一部はウメジュース少し塩漬け梅雨明けて 土曜に梅干し後 赤紫蘇の葉を加えて梅干し漬け。
雨が多い中 合間を見ての作業でした。

是里に「リゾートハウス・これさと」があり焼き物の希望者が有るとき協力の要請を依頼され 現地を見てきました高台で見晴らしのよい高原で心地良いところでした。
http://www.city.akaiwa.lg.jp/kanko/rizohtohausukoresato.html
たくさんの愛陶家が生まれますように。

 

あじさい
あじさい
あじさい
あじさい
あじさい
あじさい
くちなし
くちなし
くちなし
くちなし
フイジョア
フイジョア
フイジョア
フイジョア
えごのき 実
えごのき 実
ぎぼし
ぎぼし
しだれもも 実
しだれもも 実
せんのう
せんのう
タイザンボク
タイザンボク
どくだみ
どくだみ
なつつばき
なつつばき
のうぜんかずら
のうぜんかずら
うめ
うめ
うめ
うめ
6まい葉クロ-バー
6まい葉クロ-バー
くろーばー 4. 5.6.葉
くろーばー 4. 5.6.葉
ねじばな
ねじばな
ねじばな
ねじばな
ねじばな
ねじばな
ねじばな
ねじばな
みい
みい
みい
みい

備前焼工房王子のたより

工房の花たち

もう 遅い登場の花も 少し早い花も 梅は 収穫を済ませ家内がジュース造りを始めています。夏椿は 育てることが難しいと聞き 肥などは遠慮していましたが隣の柚に施肥を そのお陰で かなりの勢いで木が育ち 花かずも増えて今年は楽しみ。

しもつけ 白 
しもつけ 白
しもつけ 朱
しもつけ 朱
あじさい
あじさい
あじさい
あじさい
あじさい
あじさい
あじさい
あじさい
うめ
うめ
なでしこ
なでしこ
あじさい
あじさい
くろ ろうばい
くろ ろうばい
つぼみすみれ
つぼみすみれ
フイジョア
フイジョア
なつつばき
なつつばき
なんてん(花)
なんてん(花)
あじさい
あじさい
くりんそう
くりんそう
きんしばい
きんしばい

備前焼工房王子のたより

工房の花たち

招き猫 みい
3月末我が家に来てからもう初夏
野良のやせた 骨っぽさもなくなり
ぬいぐるみ様に感じられるようになりました。
時間帯では 活動時間があり家中走り回っています
先代には なかったのですが
建具に掛け上り おかげで建具は傷まみれ、
当分は 障子も唐紙も張り替え時期が来ておりましたが
当分見合わせです。
背伸びをして両手を建具に掛けてそのまま がりがり
建具が さかむけて がさがさ.........
怒っても仕方ないっか ガマン ガマン
3~4年でおとなしく成ってくれますように。
爪研ぎもあるのですが どうもそれとは違うようです。
部屋飼いのストレス発散か、

寝ている姿は かわいい の一言

みい
みい
みい
みい