赤 畠  太 略歴

赤 畠  太
赤 畠  太

略     歴
昭和24年、 岡山県久米郡美咲町(旧柵原町)王子に生まれる。
岡山県立勝間田農林高等学校卒、県酪農試験場講習所卒、後在籍、
昭和46年、 伯父藤原啓に憧れ、藤原家の門をたたき、
備前焼の道に入る。藤原啓、
の許に16年間、藤原雄秘書、(財)藤原啓記念館事務長、啓酔会事務局長を
務める傍ら備前焼の修行を重ねる。
昭和62年 10月独立を決意し、郷里美咲町王子に登り窯を築き、翌 年63年1月2日
初 窯だし、以後記念日とし毎年窯祭りを続けている。花器、食器、茶器、等々
そのほか月輪古墳から出土した埴輪などの復元を試みている。
平成 4年 3月備前から住まいを美咲町王子に移す。
平成 22年  友人達の協力を得て 粘土粉砕用臼場 完成。
平成 22年 3月京王百貨店「京翔」にて個展開催
平成 25年 3月京王百貨店「京翔」にて個展開催
平成 26年12月知人の協力でWeb公開